« IN HER SHOES---痛みはクレッシェンドで--- | トップページ | IN HER SHOES---そして--- »

2006年4月21日 (金)

IN HER SHOES---ケガの履歴---

生意気(?)にも連載モノです。
バックナンバーはこちらから

IN HER SHOES
Ver1.予兆
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,Ver2.的中
Ver3.ケガよりダイヤ
,,,,,Ver4.痛みはクレッシェンドで

数年前、既に起きてしまったことに対し、うじうじと後悔して
いたとき、オカマをほられて、軽いムチウチになりました。

普段あまりうじうじしないせいか、一旦はまると、
"うじうじスパイラル"に陥ってしまう私。

人生初の交通事故に遭ったおかげでフッ切れました。
過ぎてしまったことはもう戻らないのですから、
今を大切に生きなくては、と。


そして今回。

ケガをした3日前に届いた一通のメールに、とーっても
イヤな思いをしていたのです。


あこ的「メール問題」は捏造ではなく、リアルでした。


それは、私が2回連続で会社の歓送迎会に参加しな
かったことに対する批判、というなんともくだらない
内容です。

差出人は20代後半のSE。

あまりにも、一方的で、呆れるほど視野が狭い、その
うすっぺらい男から届いたメールは、くだらなさ過ぎて
ここには掲載しませんが、世の中にはこんなことに
時間を割く輩がいるのかと、驚きました。

鼻であしらえばいいのですが、残念なことに、私も
そんなに大人にはなれません。

ムカつくので、派遣会社の担当者に相談しました。
そう、私は派遣社員なのです。
どうして派遣先の歓送迎会に時間もお金も割いて
皆勤しなくてはいけないのでしょうか?

属している組織が違うことすらも気がついていない
ようです。

派遣会社の担当N氏にさんざんグチッて
「そのメールは無視しましょう」
と二人の間で握りつぶすことにしました。

ヘタに抗議の返信をしたら同じ土俵に上がって
しまうことになる、
そう自分に言い聞かせて、何もなかったように
振舞おうと思いました。

が、器の小さい私です。
どうにもこうにもムカついてムカついて、たまりません。

その人が20代にも関わらず、頭髪の残高がわずかな
のをチクチク攻める方法や、直接私が手を下すことなく
ダメージを与えるにはどうしたらいいのか、などをずっと
考えていました。

本当に、自分でも信じがたいほど、その人にバチが
当たればいいと四六時中考えていたのです。

つづく

|

« IN HER SHOES---痛みはクレッシェンドで--- | トップページ | IN HER SHOES---そして--- »

コメント

ぷっ・・・
記事の真ん中まで真剣に『そうだ!そうだ!』って叫んでいたのに
最後の仕返し?の所でいつものあこさんに
トドメをさされてしまいました~~~~!
頭髪の残高 って表現イイですね。
これから使わせていただきます!!
とりあえず、近所のあの『オヤジ』にっ!

投稿: のんき♪ | 2006年4月29日 (土) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43742/1492617

この記事へのトラックバック一覧です: IN HER SHOES---ケガの履歴---:

« IN HER SHOES---痛みはクレッシェンドで--- | トップページ | IN HER SHOES---そして--- »